明日からお盆休み!!

明日から、お盆休みに入る人が多いのではないでしょうか?

家族でバカンスしたり、帰省される方も多いと思います。

お盆の由来は、お釈迦様の弟子の一人、目連尊者(もくれんそんじゃ)が、

母親を救う話に由来しています。

お盆の正式名称は、盂蘭盆会(うらぼんえ)と言い、盂蘭盆会とは、

インドのサンスクリッド語で、ウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したものです。

転じて、「逆さまに吊り下げられる様な苦しみにあっている人を救う法要」という意味です。

お盆は、7月か8月13日から16日までの4日間をさします。

先祖の霊や亡くなった人を、迎え追善の供養をする期間です。

13日の夕方に火を焚き(迎え火)、お供え物、雪洞などを出します。

きゅうり、ナスで馬を作ります。それに乗ってご先祖様や亡くなった人が来ます。

16日の夕方に火を焚き(送り火)、ご先祖様や亡くなった人たちは天国に帰ります。

地域によって、様々です。

お盆は家族でバカンス、帰省する楽しい時ですが、

今の自分があるのは、ご先祖様のおかげです。

是非皆様もご先祖様、先人に感謝しましょう。